今多くの方に選ばれている補綴治療

インプラント

噛み心地と美しさを両立~インプラント治療~

噛み心地と美しさを両立~インプラント治療~

インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を被せて歯の機能を補う治療法です。人工歯根をあごの骨を埋め込むことで強固に固定され、健康な歯と同等の噛み心地で食事を楽しめるのが最大の特徴です。

人工歯に使われるセラミックは歯の色調に合わせて作製できるため、美しい自然な見た目を実現できます。噛み心地と美しさを両立していることから、多くの患者さまから入れ歯やブリッジに代わる新たな治療として選ばれています。

インプラント治療のメリット

健康な歯と同等に“噛める”

インプラントは人工歯を人工歯根によって固定します。これにより入れ歯やブリッジでは実現できなかった、自然な噛み心地を実現しました。あごの骨がやせるという従来の治療の欠点もカバーしています。

自然で美しい外観

人工歯根の上に被せる人工歯には、光を通すほど透明度の高い素材「セラミック」を使用。ほかの歯の色調に合わせて作製できるため、周囲から“作り物”と思われる心配もありません。

健康な歯に負担をかけない

ブリッジは両脇の歯を支えにするために両脇の歯を削る必要があります。一方のインプラントは人工歯根で固定するため、他の歯を削る必要がありません。

そのほか、自然な見た目・噛み心地の歯を手に入れることで、毎日の食事や会話を思い切り楽しめるようになります。入れ歯やブリッジに不満を感じていた方には多くのメリットをもたらしてくれるでしょう。

インプラント治療の流れ

1 カウンセリング

まずはお口のお悩みをお話しください。また、「できるだけ早く治療したい」「痛くない治療がいい」といった治療へのご要望もあわせてお伝えください。インプラント治療の概要についても簡単にご説明させていただきます。

2. 診断と治療計画の立案

失われた歯の数、インプラントを埋め込む部分のあごの骨量などにより、治療法が異なります。そのため当医院では診断を重視し、レントゲンをはじめ口腔内写真撮影などによる充分な検査を行ったあとに治療計画を立てます。

3. 治療前の処置(※診断で問題が見つかった場合のみ)

虫歯や歯周病が見つかった場合は、先にそちらの治療を行います。あごの骨の量が足りない場合には、骨を増やす施術を行います。

4. 人工歯根の埋入手術

歯肉を切開してあごの骨にインプラントを埋め込みます。局所麻酔を行いますので、痛みはほとんどありません。痛みに弱い方もご安心ください。

5. 治癒期間

人工歯根とあごの骨が結合するまで期間を設けます。治癒期間中は仮歯を入れますので、日常生活に支障はありません。

6. 土台の装着

人工歯根とあごの骨が結合したことを確認したら、人工歯根と人工歯の間に設ける土台を装着します。

7. 人工歯の型採り・装着

歯ぐきが治った時点で歯型を採り、歯並びや形状・色をチェックしながら、人工歯を作製し装着します。以上でインプラント治療の完了です。

8. 治療後のメインテナンス

治療が終わった後は、まず一週間後に定期検査を行います。その後はだいたい1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に定期検査を行います。
※定期検査の期間は口腔内の状況などで異なります。