お口にぴったりの入れ歯を

入れ歯

あなたに合った入れ歯をお作りします

入れ歯が「合わない」「違和感がある」などのお悩みはございませんか?そのまま放置すると、「入れ歯がズレて痛い」などの症状が出てきますので、そうなる前に対処が必要です。不具合がある方は一度、お使いの入れ歯の調整や新しい入れ歯への交換がおすすめします。まずは保険・自費の入れ歯の違いを見ていきましょう。

自費の入れ歯と保険の入れ歯

  保険 自費
人工歯の素材や
色・形、床の種類
床部分がレジンのみ。保険がきく素材の中からしか選べない。 保険がきかない素材も選べるため、選択の幅は広い。自分に合った入れ歯をつくりやすい。
装着感 違和感が生じやすい 違和感が生じにくい
強度 低い 高い
噛み心地 噛みづらいことがある よく噛める

当医院の入れ歯治療

当医院では以下の種類の入れ歯をご用意しています。患者さまのご要望に合わせて快適な入れ歯をおつくりしますので、遠慮なくお申し付けください。

【保険】・・・保険治療

【自費】・・・自費治療

レジン床【保険】

レジン床【保険】

もっとも一般的な樹脂製の入れ歯です。安価で壊れても修理しやすいのが特長ですが、厚みがあるぶん違和感が生じやすいのがデメリットです。

スマイルデンチャー【自費】

スマイルデンチャー【自費】

金属のバネを使用しない入れ歯です。バネがないため見た目が良く、弾力性のある素材を用いるため付け心地が快適なのが特長です。

マグネット義歯【自費】

マグネット義歯【自費】

磁石の磁力で固定する入れ歯です。取り外しできるため手入れがしやすく、清潔に使えるのが特長です。スマイルデンチャー同様にバネを使わないため、見た目も自然です。

金属床義歯【自費】

金属床義歯【自費】

床部分が金属製の入れ歯です。プラスチックよりも薄くできるため違和感が少なく、金属製のため食べ物の熱が伝わりやすいのが特長。食事を楽しめる入れ歯です。ただし、修理が難しいため定期的な検査を受けることをおすすめします。